ADBLOCKを無効にする

ADBlockがサイトの一部のコンテンツをブロックしています

ADBlock errore
結果が見つかりました: 

質問

「生成」とは、特定の選択された(セットの)変数に必要なコードの自動生成を意味します。

ただし、グッドプラクティスに関する明示的な説明やコメントは歓迎します。

溶液

ctrl + k x を使用する代わりに、 prop と入力してTabキーを2回押すこともできます

よろしければ、ご意見をお聞かせください

この記事は役に立ちましたか?正しく翻訳されていますか?

その他のヒント

Visual Studioには、プライベート変数からプロパティを生成する機能もあります。

変数を右クリックした場合、ポップアップ表示されるコンテキストメニューで[リファクタリング]をクリックします。項目。次に、フィールドのカプセル化を選択します。これにより、変数のゲッター/セッタープロパティが作成されます。

多くのゲッター/セッターを作成する必要がある場合に使用するのは少し厄介なので、私はこのテクニックのファンではありません。通常、プライベートフィールドはすべてグループ化されており、このVisual Studioの機能によりクラスの書式設定が壊れています。

生成とは、自動生成のことですか?それがあなたの言っていることではない場合:

Visual Studio 2008には、このための最も簡単な実装があります:

public PropertyType PropertyName { get; set; }

バックグラウンドで、これはプロパティが保存および取得される暗黙のインスタンス変数を作成します。

ただし、プロパティにロジックを追加する場合は、インスタンス変数が必要になります:

private PropertyType _property;

public PropertyType PropertyName
{
    get
    {
        //logic here 
        return _property;
    }
    set
    {
        //logic here
        _property = value;
    }
 }

以前のバージョンのVisual Studioでは、常にこのロングハンドメソッドも使用されていました。

Visual Studio 2013 Professionalを使用しています。

  • インスタンス変数の行にカーソルを置きます。

    ここに画像の説明を入力

  • コンバインキーを押す Ctrl + R Ctrl + E またはマウスの右ボタンをクリックして、コンテキストメニューを選択リファクタリング\フィールドのカプセル化... その後、 OK を押します。

    ここに画像の説明を入力

  • Preview Reference Changes-Encapsulate Field diaglogで、ボタン Apply を押します。

    ここに画像の説明を入力

  • これは結果です:

    ここに画像の説明を入力



プロパティを選択するためのカーソルを配置、メニュー編集\リファクタリング\フィールドのカプセル化...

and

private int productID;

public int ProductID
{
    get { return productID; }
    set { productID = value; }
}

なる

public int ProductID { get; set; }

" propfull"も使用できます。 TAB を2回押すと、getとsetを持つ変数とプロパティが生成されます。

Visual Studio 2005以降を使用している場合は、挿入スニペットコマンドを使用してセッター/ゲッターを非常に高速に作成できます。コードを右クリックして[スニペットの挿入]( Ctrl + k x )をクリックし、「prop」を選択します。リストを形成します。これがお役に立てば幸いです。

ReSharperを使用している場合は、ReSharperメニューに移動します->コード->生成...(または周囲のクラス内で Alt + Ins を押すと、考えられるゲッターやセッターを生成するためのすべてのオプションが得られます:- )

propfull キーワードを使用します。
プロパティと変数を生成します

これは太陽よりも古いことは知っていますが、このようにするのが好きなので、これを回答として投稿すると思いました。

私がやったのは、 {get;設定;} prop>を見つけたからといって作成しました。タブは不格好になります。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<CodeSnippets
xmlns="http://schemas.microsoft.com/VisualStudio/2005/CodeSnippet">
  <CodeSnippet Format="1.0.0">
    <Header>
        <Title>get set</Title>
         <Shortcut>get</Shortcut>
    </Header>
    <Snippet>
        <Code Language="CSharp">
            <![CDATA[{get; set;}]]>
        </Code>
    </Snippet>
  </CodeSnippet>

これを使用して、PropTypeとPropNameを手動で入力し、 get&gt;と入力します。 tab で取得セットが追加されます。魔法のようなことは何もありませんが、とにかく最初にアクセス修飾子を入力する傾向があるので、名前とタイプを完成させることもできます。     

Visual Studio Community Edition 2015では、必要なすべてのフィールドを選択し、 ctrl +。を押してプロパティを自動的に生成できます。フィールドの代わりにプロパティを使用するかどうかを選択する必要があります。

「prop」スニペットと自動プロパティに加えて、既存のフィールドを選択してプロパティ経由で公開できるようにするリファクタリングオプションがあります。また、「prop」実装が気に入らない場合は、独自のスニペットを作成できます。さらに、resharperなどのサードパーティのリファクタリングツールを使用すると、さらに多くの機能が提供され、より高度なスニペットを簡単に作成できます。余裕があればResharperをお勧めします。

http://msdn.microsoft.com/ en-us / library / f7d3wz0k(VS.80).aspx http://www.jetbrains.com/

マシンにVisual Studioをインストールしていません(そしてLinuxを使用しています)が、クラスビルダーへのアクセスを可能にするメニューのいずれかの内部にウィザードが隠されていたことを覚えています。

このウィザードを使用すると、メソッドや属性など、すべてのクラスの詳細を定義できます。よく覚えていれば、VSにセッターとゲッターを自動的に作成するように依頼できるオプションがありました。

かなり曖昧なのはわかっていますが、調べてみてください。

最初に拡張機能を取得するには、(ctrl + shift + X)を押します  そして、ゲッターセッターをインストールします.... この後、変数を選択するだけです  右クリック コマンドパレットに移動...  そしてゲッターを入力して...... getおよびsetメソッドを生成するには、このボタンをクリックしてください...

ここに画像の説明を入力 Visual Studioツールの代わりに、オンラインツールを使用してC#プロパティを簡単に生成できます と呼ばれます。 c#プロパティジェネレーター

変数を宣言した後、Android Studioで Alt + Ins を押すだけで、コードを生成するゲッターとセッターを取得できます。

Licensed under: CC-BY-SA with attribution
Not affiliated with StackOverflow